ホーム > お知らせ > 業界初、再補正可能な超高演色性LED照明を発売 ~LEDで自然光に近い色評価が可能に~

業界初、再補正可能な超高演色性LED照明を発売 ~LEDで自然光に近い色評価が可能に~

株式会社エムティサービス東日本(以下、エムティサービス東日本)はこのほど、インテックス株式会社(以下、インテックス社)が開発した再補正機能を備えた、色評価用の超高演色性※1LED照明「Tino4000RA98P」の1次販売店として、12月20日に販売を開始します。

MTSE171117.jpg







Tino4000RA98P
☆この画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、 
下記URLよりダウンロードできます。 
(www.screen.co.jp/press/download/MTSE171117.zip)


近年、有害物質を含んだ廃棄物処理問題やCO2排出量削減などの観点から、日本政府が中心となり蛍光灯や白熱電球の製造、輸入の規制が強化されています。これまで、印刷物などの色評価には専用の特殊蛍光灯が用いられていましたが、こうした政府の方針を受け、新たな照明器具の開発が急務となっています。

このような動向を受け当社は、LEDモジュールの設計・開発・製造などを手掛けるインテックス社による新たな色評価LED照明の開発に参画。同社が開発した、蛍光灯40W型の超高演色性LED照明「Tino4000RA98P」の国内向け1次販売店として、12月20日に販売を開始します。本製品は、光源に白色LEDと別波長3光源を加えた独自の4光源方式を採用。各波長の光源を調整することで、柔軟な光のスペクトル(分光分布)を生成できるため、高い演色性を実現します。また、これまでの色評価用蛍光灯は経年劣化により、理想的な分光分布の継続が困難であったのに対し、業界初の再補正機能を搭載することで波長の再調整を可能にしました。点灯方式はラピッドスタート形、インバーター形、AC電源タイプなどを選べるマルチタイプ電源方式を採用し、蛍光灯からLEDに変更する際の電気工事を省略できます。従来の蛍光灯に比べ、半分以下の消費電力と長寿命により、交換の手間やランニングコストの削減に貢献します。

当社は、今回の「Tino4000RA98P」の発売により、自然光に近い色評価・検査が求められる印刷業界においてビジネスの拡大を図り、同業界の発展に貢献していくとともに、繊維業界や美術館、医療介護施設などにおける新たなビジネス機会の創出にも取り組んでいきます。

■ 株式会社エムティサービス東日本 代表取締役社長 長 正道のコメント
当社が製版・印刷の現場で40年にわたり、お客さまと共に培ってきた経験と技術力と、全国15拠点・約200人の技術者※2による機動力が、インテックス社の持つノウハウと結び付くことで、このたび再調整可能なLED照明「Tino4000RA98P」の発売に至りました。今後、印刷業界の他、色彩に関連する他業界においても照明の演色性管理を追求し、各業界での品質や課題解決につながることを期待しています。

<株式会社エムティサービス東日本>
1977年設立。株式会社SCREENホールディングス傘下のグループ会社として、印刷製版機器に関する保守サービスとソリューションを提供している。株式会社メディアテクノロジー ジャパンの100%出資グループ会社。

■ インテックス株式会社 代表取締役社長 八木 穣のコメント
超高演色性LED照明「Tino4000RA98P」は、波長選択・加算方式技術を用いマイコンで制御することで、従来のAAA蛍光灯あるいはISO 3664にて規定されている色座標に準拠しています。また、再調整機能により高演色性を持続でき、測定器による調整と数値管理が可能となっています。エムティサービス東日本の知見を得て、従来にはない高機能な次世代照明となりました。

<インテックス株式会社>
2004年設立。波長選択・機能性光源を主とし、LED照明を設計・開発している他、「おいしく魅せる照明」「半導体工場用照明」「誘虫照明」「防虫光源」など、波長選択を生かした特殊照明を展開中。東京都のイノベーション企業に認定されており、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター、国立研究開発法人産業技術総合研究所などの技術的な支援や、公益財団法人東京都中小企業振興公社の販路開拓などの支援も受けている。

※1 照明が自然光による色をどの程度再現しているかを示す指標のこと。
※2 グループ会社の株式会社エムティサービス西日本を含む。


● 本件についてのお問い合わせ先
株式会社エムティサービス東日本
新規事業部
Tel: 03-5952-6011
URL:www.mtsej.co.jp/



この記事のPDF(328KB)